唯志1


先日、師匠から連合会を辞めるので預かっている選手鳩を引き取りに来いとの連絡が。

前日の連合会の総会で新連合会長と揉めたらしい。

少し気の短い師匠は、その場でやってられない連合会を辞めると言ったらしい、まあ師匠らしいのではあるが。


前から来年の春レースを最後に鳩の飼育自体を辞めると言っていた師匠、種鳩も多くを分譲し今年の作出も僅かに、連絡があった後に、お前が持ち寄るなら共同鳩舎登録をしてあるので続ければと言われたが私も連合会を辞める事を既に役員に伝えていたので選手を引き取りにいく事に。

去年はホワイトグリズルを800kGPまで帰してもらったが次のCHで帰らず。

今年の春は600kまで写真のWgを帰してもらった、GN1100kに出すと言われ渋々承諾したが、優しい師匠は出さずに来春に1000k挑戦してくれる事になっていた。

今年の秋の200kを帰った12羽を引き取りに、しかしその後の猛禽類の被害で実際には9羽、プラス600k地区ナショナル当日の写真の鳩。

それに前合会長の所から行っていたオランダの中距離系の輸入鳩を頂いた、こいつは直仔に200kでシングルが何羽か居るらしく良い鳩だぞと。

最後に渡辺房雄さん作のBCのオスを血統書のコピーを無くしたのでやると。

こいつが良い鳩でした、来春に白雪姫と配合して種を残そうかと思っています。

DSC_0717

右から3番目の後ろを向いているのがその鳩。

唯志

地区ナショナル600k当日のWgは師匠の名前を頂き「唯志号」となずけることにしました。

来春は白雪姫と配合、つくば、八郷の委託が存続するようであれば直仔を出すつもりです。

師匠の500k総合優勝が欲しい!!

白雪姫と配合したい!

仲良くしてもらっている前連合会長も飼育羽数を大幅に減らす事に、委託は鳩の宅急便がどうなるか先行き不明で、2018年は大変な年になりそうです。